月別アーカイブ: 2013年6月

軽く誘われて、スルーしちゃった

デリカテッセン

手作りソーセージのお店を見つけたので行ってみました。
ディスプレイとかパッケージとかめっちゃオシャレ。
で、お値段もお安くないんですよ、ソーセージ1包み570円とか。
う~ん、だけど、おいしかったから、またたまに贅沢しちゃうかも知れません。
テイクアウトのメニューのホットドッグをランチに買ってみたのですが、さすがにおいしかったです。

自家製ジンジャーエールというのが気になっています。
それもホットってどういう状態なんだろう?
しょうが紅茶みたいな、そんな感じなのかな?
客層が、なんていうのかな映画の「かもめ食堂」が好きそうとか、森ガールのなれの果て、みたいな女性で見事に統一されていました。

登録したのはいいけれど、放置しっぱなしだったFacebookに数ヶ月ぶりにログインしてみたら、お店をやっていた頃に同じくテナントに入っていた男の子を見つけました。
彼はかろうじて携帯にアドレスが登録されていたので、昨年、iPhoneに変えましたの一斉メールをもらっていたのですが、そこでバイトをしていた男の子らしき名前を発見したので、あまりのなつかしさに友だち登録してしまいました。

さすがにこの男の子「なかピー」と呼んでいたのですけれど、彼とは連絡を取らなくなって10年以上になるし、なかピーとしか呼んでいなかったので本名を良く思いだしたなと思いました。

連絡を取らなくなって長いのですが、なかピーには結構思い出があります。
見た目も性格も地味な、なかピーを「なんとかする会」を開いて、強引に女の子を紹介したり、「オレ、マリネとかオシャレなものを食べてみたいんです」って言われたので、ふたりで女子ウケするごはんを食べに行ったこともあります。

何回かふたりでごはんを食べに行った記憶があるのですが、帰り道にオシャレ系なラブホの前を通ったときに、「寄ってみる?」とラブホに軽く誘われたりして、思いっきり冗談受け止めて、「まさか~」と一笑に付したのですが、なかピー案外本気だったのかも知れない。
けど、彼は草食系男子のハシリのようなキャラだったので、こればっかりは仕方がないです。

web上で思いがけなく再会してしまったわけですが、簡単に近況報告をして、「久しぶりに女子メシでも行く?」と聞いたら、「いいねー、誰が来るの?」ですって。
なんだか、またしても誰かを紹介しないといけない展開になってる?
なかピー変わらないな。
誰って言われてもかおり自分のことで精一杯だし、ちょっとプレッシャーを感じていますが、Facebookをやって、初めて良かったと思いました。

光夜蝶

素人妻の妖艶な魅力、むせ返る熟女の色香、またある時は制服の下に隠された欲望…歳を重ねるごとに昂まるオンナの性欲と本気の反応を大胆にそして濃厚に激撮。
匂いすらも感じる淫靡な映像で「光夜蝶」がオンナの本当のエロスを魅せます。