巨乳な日記

少しだけエッチな巨乳の人妻・かおりが人に言えない告白日記を綴ります

*

もうすぐホワイトデーだから

      2017/01/01

痴人の愛

「痴人の愛」のDVDです。
もちろん、谷崎潤一郎の原作です。
この小説は3度ほど映画化されていますが、今、見ているのは67年の増村保造版です。
この作品は時代設定を67年の現代劇としていて、当時の大映イチオシ女優の安田道代(現・大楠道代)がナオミ役を演じています。

監督の増村保造の経歴をちょっと見ましたが、東大法学部出身で50年代にイタリアに留学というスノッブな経歴の持ち主ですね。
フェリーニやヴィスコンティに師事し・・・それで若尾文子?みたいな。
「妻は告白する」とかキャッチーだけどウェット過ぎて、まさかイタリア帰りの監督が撮ったとは思いもしませんでした。

この作品も、意欲は認めますが安田道代がへたっぴ過ぎてブチ壊し。
しかし、ナオミが馬乗りになるシーン。
同じ年公開のイタリア映画「女性上位時代」でも、アイドル女優のカトリーヌ・スパークが馬乗りを披露しています。
これはマゾヒスティズムを象徴する、当時の最大限の表現だったのでしょうか。

予告編にあった(本編では差し替えられています)、河合がナオミの足の爪にマニュキアを塗ってやるシーンは、キューブリックの「ロリータ」を連想させます。
あんなにあっけらかんとパクっちゃダメと思うんですけれど。

安田道代もスパーク嬢も体を張っているのですが、ふたりとも偶然、どういうわけだか胴が長い。
プロポーションが良くないんです。
馬乗りになると余計に胴の長さに目が行ってしまいます。

まっ、両者揃って「オマエには言われたくないよ」でしょうが、続きは会員登録してから読んでくださいね☆
会費無料、フリメでOKでーす!

ログイン Login Register会員登録してから続きはお読みください(^_^)/

おばさんだって、感じるの。
人妻専門無修正動画サイト「パコパコママ」で熟女フェチさんは遊んでくださいね。
人妻限定でオールジャンル取り揃えているので、ちょっと垂れ気味のあちこちを見ながらシコシコってね。

(Visited 14 times, 1 visits today)

 - facebook, エッチな日記 ,