巨乳な日記

少しだけエッチな巨乳の人妻・かおりが人に言えない告白日記を綴ります

*

熟女の舌

      2017/01/01



「晩春」は良く言われる小津安二郎の「紀子三部作」第一作です。
他二作は、かなりの回数見ているのですが、この作品だけは置いてけぼりでした。
ずいぶん久しぶりに見たら、ハマってしまって、繰り返し見てしまいました。

昭和24年の作品で小津にとっては、前作の評判が悪く失敗作と認めざるを得ず、(田中絹代をヒロインにキャスティングしたのが失敗の一因かとも思う。あの時期の田中絹代にはスター女優の輝きが消えていたように思う)原節子を初めてキャスティングした作品です。
小津が捲土重来を期していたように、原節子もまた、美貌だけの大根女優と揶揄され続け、このまま女優の仕事を続けて良いものか迷っていた時期の作品です。

メインキャスが笠智衆と原節子の父娘ですからふたりのセリフ回し、間合いの取り方はまだまだ硬く、演技力勝負とはとてもいえませんが、そこに華を添えるのが叔母役の杉村春子です。
この人は小津映画でもどこにいてもいつでも天衣無縫な演技をするんです。
巧い、巧すぎる。

このときの原節子は「東京物語」のときに較べるとひとまわり華奢です。
スター女優だったにもかかわらず、戦中戦後の食糧難では遠くまで買い出しに行ったり、米軍横流しの残飯まで食べていたそうです。
だからか、体がほっそりしています。
元々、肥りやすい体質だったのかな、「東京物語」ではえらいガタイが良いな、二の腕太いなと思ったのですが、やせていると杉葉子にも似てるな、とか思っちゃいました。

まだ戦後の騒乱期の面影がフィルムに残った作品でした。

続きは会員登録してからご覧ください。
登録・会費無料、フリメでもOKです。
秘密のギャラリーへのご案内もこちらからです(^з^)-☆Chu!!

ログイン Login Register会員登録してから続きはお読みください(^_^)/

僅か月額38ドルでここまで見られるって。
人妻専門無修正動画サイト「Jワイフパラダイス」は、初撮りシリーズが人気です。
ごく普通の一般家庭の奥さんがカメラの前に引きずり出されて、最初はおずおずと、やがて大胆に、本能の赴くままに快感を探すのがいいんです。
人妻フェチの貴方、ぜひお試しください。

(Visited 25 times, 1 visits today)

 - facebook, 下着 ,